花 育て方 栽培記録 切り抜き画像 花文字 フリー素材

花始め

アネモネパンドラ

アネモネ パンドラ 花 画像 ピンク 切り抜き透過

 

すっくと伸びた茎の先に紫の細い筋の入った花びらのアネモネパンドラ。

密集しためしべ、花糸(おしべの葯を支える糸状の柄)の先おしべがとてもユニークなところが気に入って購入したました。

花びらと思っていたのは後で日本植物生理学会のホームページの質問コーナーをみて、花弁ではなくてがくなんだって事を知りました。また、これまでその区別のつけ方が解らなくてモヤモヤしていたのですがなるほどなぁ~って思いました。1月末に購入したアネモネパンドラは5月初までの長いあいだ咲き続けていろいろな姿をみせてくれました。感謝。

 

アネモネ パンドラ 切り抜き画像のページに他の素材も載せています。フリー素材ですのでご自由にお使いください。

 



 

アネモネパンドラ 栽培記録

 

2014年1月25日

購入時の様子。大きな花の根元にこれから咲きそうな蕾がついている鉢を購入しました。

アネモネ 鉢

 

2014年1月26日

アネモネのおもしろいところが、日光のあたり具合で花(がく)が開閉するところ。日光の当たり具合で開いたり、閉じたりします。その様子からヨーロッパでは妖精の棲家とよばれているそうです。下のアネモネ伝説のところに開いている時と閉じているときの写真を載せています。お昼12時近くのようす。アネモネは日があたるとこんな感じにピーンと花が開きます。

アネモネ パンドラ 画像

根元の方の小さい方の花も咲きました。アネモネの紫の花にみえているところはガクで花弁はないのだそうです。咲き始めの頃の雄しべは中心寄りが黄色でアクセントがついていて綺麗です。日が経つにつれて濃い紫へ変色していきます。

アネモネ パンドラ 画像

これは夕方4時半ごろのようす。日が陰ると花びら(ガク)を閉じていきます。開いているときもいいですが、こうやって閉じている姿も綺麗なのがアネモネのいいところですね。

400x300 20140126 (14)

 

2014年2月9日

小さい方の花もだいぶ大きくなりました。大きい方と小さい方、同じような立ち姿がなんともかわいらしいです。

アネモネ 2輪

 

2014年2月23日

最初に咲いていた方の花が今にもひらひらと散りそうで

アネモネ パンドラ 画像

そっと触ったらパラパラと散って雄しべと雌しべだけに。

アネモネ パンドラ 画像

近寄ってみるとこれはこれでなんか花のような感じもする。

アネモネ パンドラ 画像

最初に咲いていた花は枯れたけど根元に新しいアネモネパンドラの蕾が出てきていました。これからの成長が楽しみです。蕾の感じはちょっとふきのとうにも似ていますね。

アネモネ パンドラ 画像 蕾 2014年2月23日

 

2014年3月4日

アネモネパンドラは成長が早いですね。2週間前には根元のほんの小さな蕾だったのがこんなに大きくなりました。

アネモネ パンドラ 画像 2014年3月4日

 

2014年3月8日

アネモネパンドラは花が閉じているこの感じもいいんですよね~。

アネモネ パンドラ 画像 2014年3月8日

アネモネ パンドラ 画像 2014年3月8日

 

2014年3月9日

咲きかけの頃は雌しべの内側が黄色にになっていて、外側が濃い紫です。時が経つに従って内側も紫に変わっていきます。

アネモネ パンドラ 花 画像

 

2014年3月16日

アネモネ パンドラ 花 画像

この頃になると最初黄色だった内側の雌しべも紫になっていあmす。

アネモネ パンドラ 花 画像

そして根元にはまた、新しい蕾が出来始めて、一輪萎れると次の蕾が出来始める感じで、新しい花が楽しめてお得感いっぱいなアネモネパンドラです。

アネモネ パンドラ 蕾 画像

 

2014年3月23日

また新しい花が咲きました。ほんとに成長が早くて次々と新しい花が咲いてうれしいです。

アネモネパンドラ 花 画像

アネモネパンドラ 花 画像

 

2014年3月29日

花が一輪散って花序だけが残っています。これは花茎の根元からカットしておきましょう。

アネモネパンドラ 花 画像

一日で開いて閉じて、いろんな変化を楽しめます。

アネモネパンドラ 花 画像

アネモネパンドラの花序と雄しべを拡大してみるとこんな感じです。

アネモネパンドラ 花 画像

根元にしっかりとアネモネの新しい芽出てきています。

アネモネ パンドラ 根元に新しい芽 画像

 

2014年4月6日

今にも咲きだしそうなアネモネの花芽。なんかウーパールーパーに似てる・・・。

アネモネ パンドラ 画像

 

2014年4月19日

まだまだ元気に咲いています。

アネモネ パンドラ 画像

 

2014年4月27日

枯れたアネモネの花びらはぽろぽろと落ちて

アネモネ パンドラ 画像

花序だけが残ります。こうなった後は花茎の根元からカットしています。

アネモネ パンドラ 画像

次の花芽が咲く準備

アネモネ パンドラ 画像

 

2014年5月3日

この花がアネモネの今年の最後の花になりました。

アネモネ パンドラ 画像

アネモネ パンドラ 画像

 

2014年5月10日

花はすべて咲き終わり、アネモネの葉も徐々に黄色くなってきました。

アネモネ パンドラ 画像

 

2014年5月18日

そして5月中頃にとうとう枯れてしまいました。

アネモネ パンドラ 枯れてしまった 画像

 

アネモネパンドラ 育て方

■花名:アネモネ

■科目:キンポウゲ科

■属性:アネモネ属

■原産国:ヨーロッパ南部~地中海東部沿岸

■開花時期:2~5月

■一年草/多年草:多年草

■管理:芽が出て地上部が枯れるまでは風通しと日当たりの良い場所。地上部がかれたら
雨の当たらない日陰で管理。10月ごろになったら日あたりの良い場所へ移動。耐寒性あり、
耐暑性なし。

■水やり:表面が乾いたらたっぷり初夏になって地上部が枯れたら水遣り中止、10月に
なったら再び水遣り開始。

■土・肥料:水はけの良い土。酸性の土をきらう。10~3月の間は2週間に一度ぐらいの割合で液肥。

■増やし方:分球。6~8月に球根を掘り下げたときに、切り分けて増やす。

■購入価格:200円

 

アネモネパンドラ 花言葉

あなたを信じて待つ

 

アネモネの伝説

アネモネにはいろいろな伝説があるようです。

①ギリシャ神話:美少年アドニスの血と神の酒からアネモネ生まれた。

アフロディーテが愛した美少年アドニスが猪狩りの際、その牙で短い一生を終える。嘆き悲しんだアフロディーテは供養のためにその亡骸の上に神酒をまいた。するとそこからアネモネが咲き、その花を慰みに生きたというお話。

②ローマ神話:花の女神フローラの待女アネモネが花に姿をかえた。

風の神ゼフィルスは妻の花の女神フローラの待女のアネモネに恋をしてしまう。それを知ったフローラは嫉妬に駆られアネモネを花に変えてしまったというお話し。 

③ヨーロッパ:妖精の隠れ家

夜になると妖精がアネモネの花に舞い降り、それを感じた花はそっと花びらを閉じて、朝まで妖精を守るというお話し。④キリスト教:野の花=アネモネ説 新約聖書のマタイによる福音書6章の一説。野の花がどうして育っているか、考えてみるがよい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、・・・の「野の花」がアネモネという説。とてもミステリアスな花ですね。

 

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to Top ↑

Copyright© 花始め , 2018 All Rights Reserved.